ume-bny12111.jpg

まだまだ続く、私の食材処理(笑)


昨日処理にとかかったものは、これ↓


P1330324.jpg

たくさんの小豆ちゃん♡


小学校のバザーでねぇ、おばあちゃんが小豆を売ってたもんだから、


JUNA夫さんとむすめの大好きなお汁粉と赤飯でも作るっぺ、と思って買ったのよ~。


が、


案の定使い切ってない(笑)




まずは、赤飯かな~♪


JUNA夫さんは、ふんとに赤飯が大好きで、


コンビニで買うおにぎりは必ずといっていいほど


赤飯のおこわ。


飲み会のあとに、人はみな、しめでラーメンを食べたくなるのに、


JUNA夫さんは、フラフラ~っとコンビニに寄り、


赤飯おこわでしめるほどよっ(笑)


そんなJUNA夫さんに、


お赤飯でも作ってあげようと思ったわけなんだけど、




・・・・



赤飯っていろーーーーーーんな作り方があって、


何が正解か、まだ自分でもみつけらてないのよ(汗)




小豆を水に浸けるのか、浸けないのか、

からはじまり、

米を入れるか入れないか、

小豆はどのくらい煮てみるか、

もち米は洗うか洗わぬか、

浸水はさせるか、させないか。

させるんだったらどのくらいの時間させてみるか・・・・。

そもそも蒸すか、炊飯器でいくか・・・・・・・・・・。


あああああ、迷う点一杯すぎっっ(苦笑)




っていうか、


そもそも私、


こういうのつきつめるの大好きなので(笑)


いろんなことしたくなっちゃうのよ♡




P1330326.jpg

で、とりあえず水に浸けた(笑)

赤飯用とお汁粉用にわけて。。。

でも、一晩とか全然浸けず、ほんの2~3時間だけ。

別にそんなに吸水するってもんでもないし・・・・。

で、このあと軽く水洗いして、一度煮るのよ。

で、沸騰したら湯を捨てて、

P1330328.jpg

本煮。

小豆1/2カップに対して、水カップ4ほど。

あんまりグラグラさせず、ルクで弱めの中火くらいで煮てます。


そうそう、この煮ている間に、普通のお米をといでざるにあげておいたわ。

母いわく、もち米をたくとき、少々米も混ぜたほうがおいしいよ、とのことだったので、その通りに^^


私は3合分赤飯をたきたかったので、

2.5合をもち米にして、0.5合を普通の米に。

普通にといで、小豆を煮ている間、ざるにあげておくって感じかしら。


小豆は沸騰してから15分くらい煮ただけにしてみたわ。

ルクなので、けっこうすぐやわらかくなるため、ちょい芯が残るくらいに仕上げました。


P1330330.jpg

で、煮た豆と煮汁を分ける。


あとは、もち米ね~。


今回はねぇ、もち米は軽くとぐ方法でいってみたのよ。

といだら米と合わせて炊飯器に入れちゃって、小豆の煮汁をおこわの3合ラインまで注ぐ・・・。

あとはゆでた小豆を上にのせて、

1時間半ほど浸水させてから、おこわコースで炊く!


ume-bny12112.jpg

炊けた赤飯がこれっ。

小豆ちょい割れてる^^;


あのねぇ、とりあえずすんごいもちもちしてんのよ。


でもって柔らかめ。。。


実は、ちょい前に、


もち米は洗わず、浸水もさせないという方法でも一度赤飯にチャレンジしてるのね。


skhn1211a.jpg

↑その時の方が、おこわらしいといえばおこわらしかったわ。

小豆を水に漬けておいた時間は同じくらい。

もち米は洗ってなくてもぜんぜんぬか臭いとかはなし。

浸水させてなくても、芯が残っているということもなし。

小豆をちょっとゆですぎたのが難点だったけど。

でも浸水させる時間がいらない分、かなり短時間でできるわりに、本当に赤飯らしかった・・・。




こりゃ、最終、好みの問題かしらねぇ???


もっちもち具合は、やっぱりもち米を洗って浸水させてからのほうが抜群にいいわ。


もち米のねばり感はよく出てる!


でも、浸水時間はもっと短くてもいいのかも。


もしくは、水分をぐーーーーーーっと減らすか????


??????







おっと、いかん、赤飯作りを追求してしまいそうなこの雰囲気(笑)


せっかく処理できた小豆をまた買ってしまいそうな私がいる(笑)


ま、どっちにしても、もうちょっと研究が必要だわっ♡





そうそう、残った小豆は、


P1330336.jpg

同じように一旦沸騰させてからゆでこぼし、新たに水を入れて本煮。


今回はシャトルシェフを使ってみたわ。


水を入れてぐらぐら沸騰させてから、すぐ保温鍋に入れるのよ。

1時間くらい立つと湯を吸水して、小豆が湯より外に出るので、

また追加で水を加えて火にかける・・・。


ぐらぐらしたら、すぐに保温鍋に再びイン。

しばらくするとまた小豆が湯を吸水して湯が少なくなるので、

再び水を足し、また火で煮たてる。

再び保温鍋に入れ、そろそろ水も吸水しなくなるので、そのまま2~3時間放置。


P1330345.jpg


そしたら、火にかけます。

ここで砂糖を加える。

砂糖は味を見ながら好みの量を。甘さ控えめだとしてもけっこうな量を投入するわよ。

アクが出るようならきれいにすくいとり、

あとは、15分ほどクツクツ煮ます。最後に塩を。


好みの汁の状態になればOK。

私はちょっとトロっとした感じが好き~♡


osrk21211.jpg

焼きもちを入れていただきます♡


あったまるわぁ、これ。。。


しあわせ~♪


ってことで、無事、小豆処理完了っ♡






他の晩ご飯のおかず、紹介しておきます。


ume-bny12114.jpg

「豚ロースソテー☆梅ソース」

豚ロース薄切り肉(9枚=3人分)を油で焼き、梅ダレを投入するだけ~♪

P1330343.jpg

梅ダレ:酒、みりん(各大さじ2)、しょう油(大さじ1と1/2)、梅肉(大1個分)、昆布茶(小さじ1/4)


※仕上げに大葉の千切りをのせています♪



ume-bny12113.jpg

「大根と糸こんの煮もの」

一番だし+酒、みりん、塩、しょう油で煮てます。


ume-bny12115.jpg

「春雨と鶏ひき肉のトロトロスープ」

2番だしを使ったスープ。

味付け:酒、塩、しょう油

具:下ゆでした春雨、鶏ひき肉(もも)、しょうが汁

仕上げにぎをトッピング♪


かなり体が温まるメニュー♡





ごちそうさまでした☆




**********************************************

☆今日のJUNA夫さん弁当☆

lb121611.jpg

「ピリ辛ポークステーキ丼」

豚ロース肉を焼いてのせてます。
味付け:塩・コショウ、みりん、しょう油、ラー油

そえてあるのは、エリンギのソテーと紅ショウガ、上には大葉。


副菜容器は、大根の煮ものの残り♪












↓ それぞれポチッと応援して頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

子育てスタイルにも参加中♪ 

【当ブログの訪問・コメント返し・リンクについてはこちらをご覧になってね】