「JUNAさんの幸せ和風ごはん」(宝島社)



を8月28日に発売することになりました!




ともかく、まずは、みなさんへの感謝の気持ちを伝えさせてください。



こうして、私が大好きな本作りに携われますことも、みなさまのお力添えがあってこそです。



温かいお声をかけてくださったり、時には親身になって心配してくださったり・・・



特に辛いことがあった時、みなさんがくださる言葉に、どれほど支えられてきたかわかりません。



いつもそんなみなさんがいてくださるからこそ、私はブログという世界で生きられ、



第二の人生を歩き出すことができたのだと思っています。



いつもマイペースで申し訳ない思いもありますが、



それをも受け止めて下さり、こうしてブログに足を運んでくださるみなさまがいてくれること・・・



それにより、「JUNA」というもう一人の自分の人生が歩めることのありがたさを、



心からかみしめております。



みなさまには、「料理」という形で少しずつ、少しずつ、恩返しがしていけることこそが、



私のこれからの人生の目標でもあります。



まだまだ未熟で、勉強しなければならないことも本当にたくさんあるのですが、



私は料理という世界を通して、たくさんの想いを伝えていきたいと思っています。



ともかく、このような機会を与えて下さるみなさまに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



いつも本当に本当にありがとうございます。





***************



さて、今回は、JUNAらしく「和食」の数々をみなさんにお届けするのはどうだろうと思い、



いろいろ試行錯誤しながら、この「和風ごはん」にたどり着きました。



実は2年ほど前からずーーーーっとあたためながら、大切に育ててきたきた内容です。



具体的にどんな和食の本がいいのか、何を伝えたいのか、どうお役にたてるのか、



そしてどんな組み立てにするのか骨組を決め、料理を決め・・・



という感じではじまり、



宝島社の編集の方々の温かいご指導を受けながら、



あれも伝えよう、これも伝えよう、と、



いつもながら熱い思いでつっぱしり(笑)、



とうとうここまできたなぁ。。。という感じです。



もう今はほぼ完成しつつあり、あとは印刷・製本かという段階です。






「和食」って聞くと、



も、も、もしかですごい渋い系??



かしこまった系??



と思うかもしれませんが、



まったくそんなんではないんですよ~(^-^)



「普通の主婦が作る、家庭の和風ごはん」



といったほうがいいでしょうか。



へぇ~こんな和食もありなのね~♪



といったものもおり混ぜ、



もちろん、和食の王道もおり混ぜ



とにかく、


家庭で日常的に作れる和食を集めてみました。



作り方も簡単なものから本格派まで、そりゃぁ様々です。



ブログで紹介したものものっていますが、こちらは全てレシピを見直しています。



もちろんブログでは紹介していないレシピも満載です^^





そして、私が長年主婦生活をしてきた中でコツコツ研究(笑)してきた、



「だし」。



これについて、くわーーーーーーーーーしく書かせていただいています。




まず「だし」ってきくと、



うわっ、面倒だわぁ~(汗)



とか



そんなことできねーーーっ(涙)



って思わず叫んでしまうと思うのですけど、



料理人がひくようなだしではなく、



いかに簡単に、コストをおさえて、時間もそこそこで、


だし生活を楽しむか



という主婦目線ならではの



「現実的なだしのひき方」



を書かせていただいています。






といっても、





・・・・・・・・・・・





だしなんて毎日ひかなくてOKっっ(爆)


別に、顆粒だしでもいいんです。


(あっ、言っちゃった-♡)



それを言ったら身もふたもないんですが、



んなこと、毎日毎食できる人がいたら、ギネスブックもんよっっ。


昔の人はもちろんやってたんだろうけど、やっぱり時代の流れに合わせるということも



大事なことだと思っています。






私はだしをひくことをメインに考えるよりも、



和食というすばらしい文化に触れてほしい!!



という想いのほうが断然強いです。



だから、顆粒だしを使ったとしても、ぜーーーんぜんOK!!



だし汁を使った料理が、今回の本にはたくさん出ていますが、



それを顆粒だしで作っても全然問題ないようにしてあります^^



(っていうか、私だって顆粒だし使うしっっ-笑)



和食に興味を持っていただいて、


作る気持ちが沸いてくれることこそが、


私の心からの願いなのでございます。



自分のライフスタイルと相談しながら、やはり負担にならない和食作り。。。



これが何より一番です(^-^)







んで、



ま、今日は時間あるし。。。



とか



ちょっと興味でちゃったかも!



とか、



今日は気合いいれて和食作ってみようかな~



とか、



今日はかつお節がセールしてたから♡



とか、



今日は特別な日だし。。。(///∇//)



なんて時に、



あっ、そういえば、JUNAさんの本にだしのひき方が書いてあったなぁ~



なんてことを思い出してもらってペラペラ~っとめくっていただけたら、もう最高・・・。








この二年かけて、いろーーーーーーーんなスーパーやら量販店、だし専門店など



めぐりめぐって取材などしながら、



主婦が家庭でだしをひくために、スーパーでどんな昆布やかつお節を買ったらいいのか、



なんてことも詳しく書いてます。



時短方法や便利テクものっけてますよ^^






世界でも、こんなに簡単に少ない素材でだしがひけるのはまれなことなので、



興味だけでももってもらえたら嬉しいです。



やはり、日本人として知っていて、絶対に損はない、



食文化のひとつがこのだし。



自慢の食文化だと思うので、後世に引き継いでいくことがとても大切だと私は思っています。








私がこれほど和食に熱くなる理由は・・・



子どもから大人まで世代を超えて食べることのできる和食には、



それぞれの心を和ませる偉大な力があると信じているからです。



それは、家族愛をはぐくむことにも通じ、



それは自国の文化、そして歴史、



究極、日本という国そのものを愛する気持ちにも、自然とつながっていくことでしょう。



そしてそれは、自国を誇りに思う気持ちをも産み、



今の日本が忘れかけた何かを、きっと思い出すきっかけに・・・。



たかが和食



されど和食。



私は和食に、とてつもない可能性を感じているのです。







今の子どもたちにも、ぜひ触れてほしい和食。



むすめを見ていても思いますが、



今の子どもたちは、いろんな意味で過酷な世の中をこれから生きていかねばならないと



感じています。



でも、きっと、前にも言ったことがあるけれど



「一杯のみそ汁」



がその子どもたちの心を救えることって、



私は絶対にあると信じているのです。







そんないろいろな思いがつまったこの和食本。



ぜひ多くの方の手にとっていただき、



和食の楽しさを一緒に共有したい!!


というのが私の今の気持ちです。






とまぁ、今日は熱い話をかたってしまいましたが、



発売日まで時々、メイキングのお話もしていけたらなぁ~と思ってますので、



おつきあいしていただけると嬉しいです(^-^)





*****************************



アマゾンでは予約がスタートしております。



JUNAさんの幸せ和風ごはん (e-MOOK) [大型本]



どうぞよろしくお願いいたします。



*****************************







さて、昨日の晩ご飯は、






ほぼ一品で栄養が摂れちゃう(笑)、豚汁っ。


(ちょっとね、またごはん作る時間がなかったのね^^; でもそんな時は豚汁が大助かり♪)



冷蔵庫のいろんな野菜を入れちゃいました。



「和風ごはん」にも豚汁のレシピ載っけています^^





 



だしはストックだしを使用♪



こういったストックの方法なんかもいろいろ書いてますよ~^^







さつまいもの炊き込みごはんも作りました。



炊き込みご飯も急いでいる時には重宝する和食メニュー。



「和風ごはん」には、炊き込みご飯を8種類ほど載せています!








こちらはレモン塩を使ったカリフラワーのサラダ。



さっとゆがいたカリフラワーを、


オリーブオイル+レモン塩液+砂糖+黒コショウ+レモンの塩漬けの粗みじん


で和えただけ。







ごちそうさまでした☆





本日はコメ欄を久々に開けておきますので、お気軽にコメントお寄せ下さい♪









↓おかげさまで殿堂入りしました!


 



製菓、製パン、お弁当小物などはこちらから↓




ブログ説明、コメレス、メッセージなどのお返事について、リンクについてはこちら →