coro00716a


娘にかなり前から

「コロッケ作ってーーー(≧▽≦)」

ってリクエストされていて・・・

でもコロッケって作るの大変っ♡

ゆでる、炒める、揚げるって全部そろってるんですものw

だから時間もそこそこかかるのよね~。洗い物も多いしね。



で、最近、「スコップコロッケ」なるものがけっこう流行ってて。

要は、コロッケ状に成形せずに耐熱容器に入れて、上にパン粉散らしてトースターとかオーブンで焼く

みたいな感じの料理なんだけど、

なんとなーーーくむすめに

「そんなもんが流行ってるんだけどどう?」

って言ったみたのよ。

そしたら、娘は、

「今の流行りはどうでもいいから、

いつものママのコロッケにしてほしい。」

とバッサリw
(スコップコロッケって何?って聞かれもしなかったわよっw)

「とにかくいつものあのまぁ~るいやつ。

ママみたいなコロッケだってば♡」

とめっちゃ念を押されるw




ん???


・・・・・・

最後なんか余分なセリフがついてましたけどもっ?ww



ま、いいわ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



というわけで、

この連休中じっくりコロッケと向き合ったわよ(笑)


coro00716e

まぁ、まずはじゃがいもをゆでることからはじめるんだけども(蒸してもOK)

その傍らで具材を炒める・・・。

合いびき肉、タマネギ、にんじん、しいたけあたり。

けっこういろんな野菜入れちゃってもOKよ(^-^)

娘が小さいころは娘がきらいなピーマンとかよくしのばせたわ。

ここでいったん味付けをしっかりと。<コンソメ粉末、塩・コショウ>


そして

【ポイントその1】

ゆであがったじゃがいもは、鍋にもどして火にかけ、しっかり粉をふかせる。

これ大事なのよ~。

ベシャっとした仕上がりにならないよう、水気はスキッと飛ばすのよ。

これでホクホクとした仕上がりに。


そしたら粗めにつぶし、ひき肉具材と混ぜ合わせる。

次に

【ポイントその2】

生卵を1個落として全体をしっとりまとめるべしっ。

ここが我が家流なのよ~。

この卵1個で、コロッケの食感(舌触り)がうんとやさしくなって、味もマイルドに。


そしたら最後にしっかりと調味。味見をしながら塩を加えていき、最後にたっぷりと黒コショウをひくの。

そしたらタネの完成♡


coro00716f

バットに広げてある程度冷まします。

触っても大丈夫なくらいな温度になったら、手にうっすらとサラダ油を広げて成形。

我が家は、夕飯用に食べる時は、

高さのある、そしてまるみのある感じに成形するわ。

これは私の母の代からずっとそうなので、それを引き継いでるのよ~。

私にとってもその形がまさにコロッケ。(あ、娘と同じこと言ってるw)

※お弁当用やパン用にする場合には、それ用の形にすることも。

さ、丸く成形したら、今度は衣付け~♡


coro00716i

私はこんな風にコロッケの材料がそろう瞬間が一番好きっ♪

よーーーっし、きれいに成形するぞーーっ

みたいなそんなテンションになれるのよ。

左から、薄力粉→溶き卵→パン粉。

コロッケの場合はどれがかけてもだめで、

面倒でも3種そろえるのがおすすめよ♡


coro00716h

どれだけ表面をきれいに、そしてなだらかにまるく成形できるかは、

薄力粉をつける段階にかかってるわ♡

これが例えば、水に溶いた薄力粉とかでちゃちゃっとやっちゃうと、

衣が美しいコロッケにはならないのよ。

ここで全愛情と集中力をそそぐべしっ(笑)


薄力粉の付き具合がうまくいけば、

coro00716fgjpg

溶き卵、パン粉つけはスムーズ。

パン粉は両手で包むようにしてやさしくつけてあげるといいわ。


この後冷蔵庫にはおかず、室温においておいて、
(長時間あける場合は冷蔵庫)

170~180℃の油で揚げればOK。

中は火が通っているので、衣がきつね色に色づけば完成よ~。


詳しい材料や作り方はこちらに。

http://juna.officialblog.jp/archives/1898402.html

レシピ調整前の古いレシピになるため、コンソメ粉末は小さじ1ほどでOKです。


レシピ調整後の正式レシピはこちらに。



私が一番思い入れのある最初の本です。JUNA飯の主力のほとんどがこちらに出ています。


coro00716d


さぁ、そんなわけでこのフォルムのコロッケが完成~♪

娘、

「これこれーーーーーっ。この丸いの大事ーーーっ!!

ほっとするんだよねぇ~これ♡」

とそりゃぁうれしそうに食べてたわ。

「なんかねぇ、The ママの味 って感じなんだよね~。

んでママっぽい。何かがママっぽい(笑)」

ですってよw

そ、そりゃどうも(^_^;)


coro007162

夏バテっぽい娘が、うれしそーーーーにパクパク食べている姿を見て、

母さん、時間かけて作ってよかったなぁとしみじみ。。。

やっぱり家庭料理っていうのは、

食べる相手の心に届くのが一番だなぁ~と実感したわよ。

ええ、コロッケごときでw

でも

されどコロッケでもあって。。。





やっぱり

「自分ではなく純粋にだれかのため」

である料理は、それにかかわる人たちを必ず笑顔にするんだなぁと実感。

作り手にとってはその時は大変かもしれないけど、

食べ手の笑顔を見た時のその充実感はねぇ、やっぱり最高ですもん。

それでこっちも笑顔になるわけだし(^-^)



「丁寧に料理をする」

「時間をかけて料理をする」

こういうことって今、本当に敬遠されつつあり、

短時間、材料○○だけ、下ごしらえ必要なし、

なんてのが、私たちのような料理を仕事にしている側にもたくさん求められていることなんだけれど、

やっぱりそれだけが加速して広がっていってはだめなんだと

私は常々思っています。

もちろん、今の時代に合わせた料理も大切。

私も仕事をしながら毎日の料理をするわけだから、時短料理などがとても便利なのもわかるから。

でも両者はまったく別物で、それはそれ、これはこれ・・・

どっちかが淘汰されて消されるのではなくて、

どっちもちゃんと認め合って共存できたらいいのに

って、私はいつもそう思ってるんですよね。

料理って時間をかけたほうがいいってもんでもないけれど、

時間をかけた分だけ伝わる何かがあるのは確かなので、

そういった料理のすばらしさもやっぱりたくさんの人に知ってほしいのです。

どーーーしても知ってほしい・・・。

やっぱり昔から引き継がれる家庭料理ってすごいパワーがあるんだぞって、ね。

とくに、今の子どもたちに、

そういう料理にもっともっと触れてほしいなぁって思っています。


そのために、

どうしたらよいだろう・・・

私に何ができるだろう・・・

どういうふうにしていったらいいかな・・・

私はいつもいつもそんなことを考えては、ここに来てブログを書いてたりもします。


私自身がまだ料理も子育ても人生も修行の身なので、

もどかしい思いもいっぱいあったりするんだけど、

もっともっといろんな経験をして苦しい思いもして、

人の痛みももっといっぱいわかる人になって、

料理を通してたくさんの人に何かを返したりつないだりすることができないかなぁと

考えていたりもします。



人生折り返し地点だからなぁ・・・

私がだれかのためにできることってなんだろうなぁ・・・






なーーーんて、ちょっと難しい話になっちゃってすびばせんっ。

たかがコロッケごときでw




でもやっぱり



されどコロッケ



なんですっ(≧▽≦)


coro00716b


というわけで、


コロッケ、土日で食べきったわw










インスタでも写真をアップしています♪

Instagram

ハッシュタグでブツブツつぶやくのにはまっています。
#junarecipes #junabento #junasweets でカテ分けもしています。



~今月のコッタさんの連載はこちら~

 


ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
  人気ブログランキング  
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




******************