sp11191

いきなりさっぶい秋が来て、びっくらこきまくっているアラフィフの体ですがw

娘のテンションがあげぽよになる(←無理すんなw)

簡単な家おやつを2点作りましたよ~(´▽`*)

お菓子作ってる時は楽しいから、その時は体も年齢を忘れるのですw


まずは娘がこの時期必ず作ってほしいと言ってくる

「スイートポテト」

家庭でも作りやすくていいよね~

いつも作り方はざっくりw

sp11198

1.さつまいも(皮なしで計ったら300gくらいだった。中ぶり2本分)をふかす。

2.裏ごしする。
(面倒ならマッシュのみでも。でも裏ごしした方が断然なめらかになっておいしいよ)

3.あったかいうちに、無塩バターを混ぜ込む。
(量はさつまいもの1割ぐらいを目安に。私は35g使用)

4.砂糖(上白糖)を加えてさらに混ぜる。
(この量も最低量をさつまいもの1割として、そこから好みの甘さになるまで
味見をしながら増やしていきます。今回は恐らく50g前後かな~。
あとから加わる材料も考えて少し甘目にするといいよ)

5.卵黄(1個分)を加えてよく混ぜる。
(さつまいも300gなら1個、倍量なら2個、と単純に増やしてね)

6.生クリーム(なければ牛乳)を適量加えて、硬さを調節する。
(このあと絞り袋に入れてカップに絞りたいので、絞り出せるやわらかさにもっていきます)

sp11199

7.仕上げにバニラペーストを入れてよくなじませれば生地の完成。

バニラビーンズが入るだけで、ぐーーーんと香りがよくなりますよ~。

バニラペーストは、コッタさんのこちらを使用してます。



オーガニックバニラビーンズペースト
さやから包丁でこそげ落とすよりもうんと手軽で使いやすい!

sp111910

8.大き目の口金をつけた絞り袋に入れて、耐熱カップにたっぷりと絞り出す。
(硬めのアルミカップなんかでもいいです。写真のカップだと5個分です)

9.180℃に予熱完了したオーブンで15分ほど焼き色が付くまで焼けば完成。

sp11193

はいでけたよーーっ♪

あっつあつも最高だし、冷蔵庫で冷やしてもOK。

※管理は冷蔵庫です。

とにかくこれに娘が目がないのです。

アラフィフになると胸が焼けるけどねwww


そして卵白が残ったので、それは

「バニラフィナンシェ」

にすることに。

sp111911

卵白1個でこんだけできるよ。

焼き菓子ってけっこう配合があるんだけど、

1:1:1:1ってのが多いのね。

例えばパウンドケーキもそうだし、マドレーヌもそう。
(バター、砂糖、卵、小麦粉=1:1:1:1)

バターを溶かすのか溶かさないのか、先に混ぜるのか後なのか、

っていう扱い方でお菓子の種類が決まっていきます。
(細かいこと言うと粉の混ぜ方なんかでも変わってくるんだけども)

そしてフィナンシェも基本配合は

1:1:1:1=卵白:バター:砂糖:粉

です。

もちろんここから少しずつ配合をいじるのは自由なんだけどね(´▽`*)

ともかくお菓子ってすごいよね~

1:1:1:1でいろんなもんができるんだもん。

フィナンシェは同じ比率でも何が他と主に違うのかというと、

バターを焦がして使うってことかな~。

溶かすっていう点ではマドレーヌと同じなんだけど、フィナンシェはさらに焦がすのです!!

ま、卵白のみってのも大きく違うんだけどw 卵攪拌しないしね。

基本泡は立てない。作り方のベースは「乳化」です。

ここもパウンドケーキやマドレーヌとはまったく違う点。

とにかくグルグル混ぜるだけでできるっていう点では、一番楽ちんなのかも。


さて、卵白の量を計ったら37g。

だから砂糖も単純に考えたら37g。
(なんだけど、私ははちみつを配合したかったので、グラニュー糖20g、はちみつ15gにしてます。
はちみつは砂糖より甘味が強いので、若干減らし気味)

粉も37g。

ただし、アーモンドパウダーを配合したほうがフィナンシェはおいしいので、

薄力粉と半々にします。それを合わせてふるうと。

バターも37gだよ。

bbb

鍋でここまで焦がします。
※温度の件は今は触れずに置いときます。

流れとしては卵白に砂糖類を混ぜて、粉類とバニラペーストを加えて混ぜて、

焦がしバターを加えて混ぜれば生地が完成。

sp111911

あっという間にできます。

あとは型に流し入れてオーブンで焼くだけ。

実は今月のコッタさんの連載で

フィナンシェのおいしい作り方を紹介する予定になっているので、

またその時に詳しく紹介しますね~

家で食べる分にはざっくり気にせず作ったらいいんだけど、

本気でちょっとワンランクアップしたフィナンシェを作りたい場合は

「温度管理」

に気を配るといいよ~っていうお話なのです。

ま、今回は全然気にせず作ってるけどーーー(笑)


sp11192

というわけで、
焼けたバニラフィナンシェがこちら。


190℃で12分くらい焼いてます。生地を寝かしたりする必要も全然ないよ。

てきとーでもそれなりにはできるフィナンシェw

sp11194

焦がしバターの旨味&コク、そしてバニラビーンズの香りが

とってもいい感じだったよ~


・・・

ああ、卵1個をすんごく有効に使った感じが爽快
(という名の自己満w)


これをお弁当のおやつにしたかったので、

sp11195

こんな感じでラッピングしました(^-^)

(これが一番したかったw)

sp11197

スイートポテトはこちらのガス袋を使用。
※以下全部コッタさんのものを使ってます。


規格袋 M-3 透明無地

一緒にウェルパック B-20S(脱酸素剤)を入れてクリップシーラーで熱圧着し、

リボン+シールで閉じています。

シールはこちら。

プレゼントシール ナチュラル


sp11196

フィナンシェはシンプルに金塊っぽくなるようにしてみました。

使用した袋はこちら。



OPPクリスタルパック T5-8
これがまた大きさがびったりだったw

シールはこちらです。

プレゼントシール ゴールド



で、無事、本日のお弁当のおやつとして、娘の心の癒しとしてw

役目を果たしてくれたというわけです。





よかったよかった(´▽`*)




********




 
 Instagram

※スマホのアプリ等、初期設定の場合、ブログを更新すると通知音が鳴ってしまいます。
更新が夜遅い場合もありご迷惑がかかりますので、うるさい場合は、
設定より通知音なしにおきりかえくださいませ(^-^) 


********



お弁当最新刊はこちら♪
『JUNAさんのいつもの材料で満足弁当』

内容などの詳細はこちら↓をご覧ください。

http://juna.officialblog.jp/archives/29527995.html
http://juna.officialblog.jp/archives/29863100.html

JUNA_H1_b

Amazon 楽天 宝島社
全国書店での取り扱いもございます。



初のエッセイ本はこちら♪
『JUNAさんの最強で最愛の家ハンバーグ』
内容など詳しくは以下の記事へ。
ハンバーグのことをもろもろ語っています。字メインで365ページの分厚さ。
とてもマニアックな本なので、ハンバーグ愛の強い方向けですw

http://juna.officialblog.jp/archives/28868558.html

hanb-h2

Amazon  楽天 イカロス出版

Amazon、楽天で電子書籍の扱いもございます。

※どちらも無料のアプリをダウンロードするとすぐにお読みいただけます。
分厚いのはちょっと・・・・という方は、こちらをご利用くださいませ。



~最新のコッタさんの連載はこちら~

ちびっこから大人まで☆シンプル&簡単♪フワフワかぼちゃのオムレット

ポチッと応援よろしくお願いいたします♪


料理ランキング
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




おすすめ著書
JUNAさんの特別な日のお菓子 (e-MOOK)
ほめられおせち
JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)








お菓子本  宝島社  honto総合書店
おせち本 宝島社 Amazon 楽天
お弁当本 宝島社 Amazon 楽天

その他著書はこちらへ→