lb0417193

今日こそ

「しょうが焼き丼弁当」

です(笑)

JUNA夫さん、昨日ちゃんとお弁当箱持って帰ってきましたよ~(笑)

お弁当箱も洗ってあったw

というわけで今日は、

昨日いったんお預けとなったしょうが焼きのお弁当ですw


lb0417192

もうごはんが見えないくらいどーんとのせたよね(笑)

きっと満足するであろう(≧▽≦)

他は

・切干大根
(昨日の晩の残り)
・新じゃがのソテー
(昨日の晩の素材の残り)(塩・コショウ、オリーブオイル)
・スナップえんどうのバターソテー
(昨日の晩の素材の残り)(オリーブオイル、バター、しょうゆ)

残り物フル活用っ(≧▽≦)


lb0417191

娘のものっけちゃいました。

男子弁みたいで、女子学生さんにはちょっと刺激的かなw

ま、でも・・・・

lb0417194

娘の大好物のりんごのコンポート付けたらから、

大丈夫でしょう(≧▽≦)





************



ブログを読んでくださっている方から質問がありましたので、
今日はそれにお答えしたいと思います。お答えが遅くなってしまって本当にすみませんっ。

●Yちゃんさんより

「どうやったら何年もそのようにいられるのですか?喧嘩や揉め事などないですか?」

これは前後文章がいろいろあったのですが、
要は夫婦のことに関する質問で、夫婦仲良くするために何か秘訣はありますか?
というような内容でした。

・・・・秘訣もおけつもあったもんじゃあありませんww

ブログでは、「喧嘩した」なんてことはあまり書かないのでw
喧嘩ももめ事もないように見えるかもしれませんが、
そりゃぁ夫婦ですもの・・・・時にはしますよ~~(;´∀`)

でも、喧嘩できるエネルギーってものが、
年々私になくなりつつあるので、JUNA夫さんは安堵しているかと思います(笑)
最近は喧嘩っていうよりも、
JUNA夫さんがなんかやらかして怒られるパターンがほとんどかなw

だから、喧嘩するにしても(怒るにしても)、30分持つかどうか・・・
ヘタしたら3分です(ウルトラマンかっw)
ほんと疲れちゃうので(;´∀`)
若い頃、長いことプンプンできた自分が愛おしいw
だいたいそのあと、おいしいごはんをお腹いっぱい食べたら、なかったことになる感じですかね~。
もうこれは月日の積み重ねとしか・・・・


そう言えばこの間、娘がこんな本を読んでたんですよ。

ab

娘がこれを読みながら

「パパがなんで怒られるのかよくわかったし、
なんだーーパパだけじゃないんだ、そういう行動って思ったw」

って言ってました(笑)

要は男は察することができない生き物で、女は察することができる生き物ってことらしい。。。

もうこれは脳科学的にそういうものなので、
世の中の男性はみんな同じようなことで女性に怒られるんだと思いますw

今はイクメンなんて言葉もありますが、
女性の脳は、元々「子育て」をする前提でてきているそう。男性はそうじゃない。
(時代は進んでも脳はそれに追いついていないということですな・・・)
つまりそれが、女性の「察する力」ってことらしいんですけど。
(育児はほぼ察する力でこなすということらしい)

昔、娘がよく夜泣きをしたんですが、JUNA夫さんは真横で娘がどれだけ夜泣きしても
まずっていっていいほど起きないwww
私はすぐに反応しましたよーーー
「ウェーーン」っていう鳴き声の「ウ」でもう起きるw
これがきっと女性の「察する力」。

娘が具合が悪い時も(これも小さい頃)、例えば夜中に嘔吐する時とかあるじゃないですか。
私はどれだけ寝てても、予感っていうのかな・・・すぐに気が付いて、
桶をすぐに差し出せる!!ナイスキャッチですよw まさに察する力!
でもその横で、何も気が付かずにグーグー寝る夫www
まったく察せない男。

女は「大丈夫?」って察してほしいだけなのに
男は「ゴミ出しちゃんとやってるだろ?お皿も時々洗うだろう?何か問題でも?」
とまったく察せないwww

どこの家庭もこんなことでたくさん喧嘩すると思うのですが、
もうこれは「脳の作りの違いなんですよ」ってこの本には書いてあって。

だから娘が

「パパがいろいろ気が付かないのはもうしょうがないんだよ。
脳がそうなんだからwww」

って私に言うわけです(笑)

娘もずっと疑問だったよう。
どうしてパパはいつも同じことを繰り返してママに怒られるのかとw

でもこの本に出会い、

「ああ、パパの行動がいっぱい書いてあるーーーーーーー
パパだけじゃなくてよかったーーーーーー」

って安心までしたみたいです(笑)

ま、自分が誰かとこれから結婚した時、
「これは脳の問題なんだ」と冷静に割り切れるかは別としてw

なんだか話が長くなってしまいましたが、参考になれば幸いですwwww


●Aさんより

「大人は少しくらいテキトーでもいいとは思っているのですが、
流石に娘のお弁当となると栄養のバランスや食べやすさなど色々考えてしまいます。
JUNAさんはお嬢さんのお弁当、どんな感じで作ってましたか?」


これもお話の前後がありましたが、
幼児のお弁当をどうしたらいいか、とのご相談でした。

お子さんのタイプにもよるかと思いますが、
家でも少食で、幼稚園などではもっと少食になりがち・・・
という場合ですと、もう好きなもの攻めでいいかなと思っています。
どこでもなんでも食べられるタイプならば、いろんなものを入れてあげて、
食を楽しむということまでいけちゃいますし。

でもその大前提として、幼児のお弁当というのは、
そこから栄養を摂るということ以前に大事なことがあると私は考えています。

それは「達成感」です。

達成感=お弁当箱を「からっぽにする」ということです。

幼児のお弁当箱はとても小さいですが、その小さな世界は実は奥が深くて、
周りのお友達は全部食べられるのに自分はなぜか食べられない・・・
嫌いなものが入っていてお弁当の時間が憂鬱・・・
ああ、今日は好きなものがいっぱいで幸せだな~
全部食べられたからママにすぐにお話したいな!
なんていう経験を、実はそれぞれの子どもが親と離れた場所ではじめて重ねていくわけです。

だからもしも少食のお子さんだったら、
いつも食べる量よりも2割ほど減らしてあげて、ごはんも食べやすくおにぎりにするとか、
一口大にまるめるとかして、おかずもとりあえずは好きなものだけ入れて、

「家以外でも全部食べられた!」

という成功体験をまず重ねていくことが先なのかなと思います。これぞ達成感ですね~。
達成感ってとても大切で、幼児の頃に得られれば得られるほど、
後の自己肯定感も高まるのではないかと思います。
だから、栄養や彩りはその先の問題かと。

もちろんなんでもガンガン食べられる子どもは、
いろんなものを入れてあげるといいかと思います。
でもやはり、幼児の小さなお弁当箱で栄養をすべて摂ろうととするのはそもそも無理な話なので、
それは朝、晩、おやつなど、家庭で家族と一緒の時に考えてあげたら
いいんじゃないでしょうか。

お母さんの力の入り具合は子どもにも自然と通じるもので、

お母さんが張り切りすぎる→子どももプレッシャーを感じる→
残すと怒られる、もしくは悲しい顏をされる→お弁当の時間がなんとなく緊張→
緊張からかちょっと残しちゃう→お母さんもっと張り切る

という悪循環になるので、リラックスして自分にできる範囲のお弁当、そして
お子さんが食べられる範囲のお弁当でいいと思いますよ(^-^)
そして空っぽにしてきたときにはうんと反応する(ほめる)、
万が一残してきたときにはそれを問い詰めたり怒ったりはしない、
ということも大切かと思います。

そういったリズムが軌道に乗ってきたら、少し違ったものを入れてみようとか、
ちょっとしたチャレンジも時々挟んでみるとか・・・そんな感じでいいんだと思います。

毎日大変かと思いますが、基本は
炭水化物+タンパク質+ビタミン類の3本柱でOKと考えると楽になりますよ~。
私もそんな感じで作ってました(昔すぎて記憶がなんですがw)


******


他にもメッセージを送ってくだった皆さま、ありがとうございます。
元気をたくさんいただいております!
おひとつおひとつにお返事できないことが大変心苦しいですが、
しっかり読ませていただいています(^-^)
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



********




 
 Instagram

※スマホのアプリ等、初期設定の場合、ブログを更新すると通知音が鳴ってしまいます。
更新が夜遅い場合もありご迷惑がかかりますので、うるさい場合は、
設定より通知音なしにおきりかえくださいませ(^-^) 


********



お弁当最新刊はこちら♪
『JUNAさんのいつもの材料で満足弁当』

内容などの詳細はこちら↓をご覧ください。

http://juna.officialblog.jp/archives/29527995.html
http://juna.officialblog.jp/archives/29863100.html

JUNA_H1_b

Amazon 楽天 宝島社
全国書店での取り扱いもございます。



初のエッセイ本はこちら♪
『JUNAさんの最強で最愛の家ハンバーグ』
内容など詳しくは以下の記事へ。
ハンバーグのことをもろもろ語っています。字メインで365ページの分厚さ。
とてもマニアックな本なので、ハンバーグ愛の強い方向けですw

http://juna.officialblog.jp/archives/28868558.html

hanb-h2

Amazon  楽天 イカロス出版

Amazon、楽天で電子書籍の扱いもございます。

※どちらも無料のアプリをダウンロードするとすぐにお読みいただけます。
分厚いのはちょっと・・・・という方は、こちらをご利用くださいませ。



~最新のコッタさんの連載はこちら~


ポチッと応援よろしくお願いいたします♪


料理ランキング
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




おすすめ著書
JUNAさんの特別な日のお菓子 (e-MOOK)
ほめられおせち
JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)








お菓子本  宝島社  honto総合書店
おせち本 宝島社 Amazon 楽天
お弁当本 宝島社 Amazon 楽天

その他著書はこちらへ→