前回ルクルーゼの鍋や食器などいくつか紹介したんだけど、

今日は、日頃使っている、

中でも愛用している調理器具を

あれこれ紹介してみようかと思います。

この間も書いたんだけど、食器にはあまりこだわりはない私ですが、

調理器具はそれなりにちょびっとこだわったりしています(^-^)



まずはルクルーゼつながりで、

フライパン類から。

tyourikigu14

ルクルーゼ26cmの深型と22cmの小型、そしてガラスの蓋です。

昔は何を作るでも、この26cmのフライパンを頻繁に使ったんだけど、

今は主に、ハンバーグ専用フライパンと化していますw

日常的に使っちゃうとやっぱり劣化が早くて、頻繁に買い替えるにはちょっと高いため、

ここぞっていう時に使うことに変更(笑)

わたしの「ここぞ」=ハンバーグだぞw


ちっちゃい方はお弁当用ですが、

もうぼちぼち劣化してきているので使えなくなる日も近いかなと・・・。


tyourikigu15

ちなみに、じゃぁ日常的にはなんのフライパンを使うの?ってことですが、

こちら↑を使用しています。

最近サーモスがフライパンだしたのよね。

しかもけっこう値段が手ごろで、そして軽い!

26cmと20cmをチョイスしてみました。

取っ手がとれる系も出たんだけど、フッ素加工と相性があまりよくないと過去に知ったのでw

そっちは選ばず(;´∀`)

もともと取っ手がついたタイプを選んでみました。

使ってみた感覚ではコスパがいいかなと思ったので、

日常使いにはもってこいかなと思っているところです。

奥はこれまたヘビーな日常使いをしている26cmの「匠技キャストフライパン 」。

サーモスが出てくるまではこっちが主力でした。

日本製ってのがいい。耐久性もそこそこあって、やっぱり軽いのがいいです。

(っていうか、ルクルーゼのフライパンがかなり重いので、それを頻回に使っていると

なんでも軽くて素敵!って思うのかもw)


tyourikigu10

もうワンセット、こんなフライパンも使っています。

これも日本の会社が出しているフライパンじゃなかったかな~。

これは取っ手が取れる系なんだけど、ステンの部分にはめこむ形式なので、

私の中ではOK(笑) これだとフッ素加工を削っちゃうことはないので。

これはフライパンといっても、底の面積が少なめな深型タイプで、

手前は我が家では一番大きな28cmフライパン。

カレーとか、シチューとか、大量のトマトソースとか、そういうものに使います。

一番小さいのは20~22cmくらいだと思うんだけど、

1個分のハンバーグを焼くのに最適だったために購入w

ちなみに真ん中の大きさは、2個分のハンバーグが焼けますw
(基本ハンバーグ前提でフライパンを選ぶ私w)

※ルクルーゼ26cmはハンバーグ3~4個焼けます。


tyourikigu12

スキレットは、調理のアクセント的な存在として、時々使います。

手前はロッジ。

ミニスキレットは朝食にそのまま食卓に登場します。

左奥はコンロのグリル専用のスキレット。


tyourikigu8

鉄パンもよく使います。

これは有元葉子先生プロデュースのフライパン。

私は野菜のソテーや炒め物などよく作りますが、

野菜系は断然鉄系がおいしくできますね~。


奥に写っているのは

tyourikigu11

揚げ鍋(鉄)です。

網と油跳ね防止網もセットになった、

これも有元葉子先生プロデュースの調理器具。


tyourikigu9

一番大きなサイズを使っています。

ちょっと年季入ってるかなw

これもかなーーーり頻回に使うのでw

カリッカリの鶏のから揚げはいつもこれで作っていますよ~。
(ちなみにその時網は使わないです)


tyourikigu7

卵焼き器も私は「鉄」をチョイスしています。

本当は「銅」が欲しいんだけど、この鉄パンの大きさがちょうどよくて手放せないのね。

奥はテフロンなんだけど、娘が小さい頃卵焼きを練習するために買ったもの。

今でも娘はこっちで焼いてます( ̄▽ ̄)


tyourikigu13

鍋類で一番ハードに使っているのは

クリステルのシリーズ。

これも有元葉子先生の影響で使いはじめたものです。

やっぱり取っ手がとれるシリーズなんだけど、オールステンなので取っ手トラブルはナッシング。

一番小さい鍋は16cmだったかな~ 使わない日はないです。

大きい鍋は水2Lがちょうど入る鍋なので、パスタをゆでたり、多めの煮ものを仕込んだり、

また蒸し器としても使えるので、これまたよく使う!

なにより頑丈で、劣化とほぼ無縁なのがいいところ。


tyourikigu6

片手鍋だとこの辺りがヘビーに使うものたちです。

奥の小鍋は結婚してからずーーーーっと使ってるな(笑)

手前のフッ素加工された鍋は、最近かなり頻回に使っています。
(コッタさんで買ったもん)

この辺の鍋はお菓子作りに使うことも多い鍋です。

左真ん中の小鍋なんて、何度真っ黒焦げにしたことかwww

でもそこそこのお値段だったので、

その都度酢を使って一生懸命洗って、今に至っています(笑)

まだまだ使えるぞw



ヘラ類なんかの細かい調理器具ですが、

lecr3

こちらはみんなルクルーゼのもの。

真ん中のヘラはよく使いますね~。左利きの私には重宝している一品です。
(左右差がないため)

右端のは、大きなチキンをひっくり返すとか、ステーキをひっくり返すとか、

そういったものに使えるヘラ付きトングみたいな感じです。


tyourikigu5

ヘラといえば、こちら全部ハンバーグ専用ヘラ(笑)

「ハンバーグ本」の中にもあれこれ書いているのですが、

ハンバーグ調理にとってヘラは命なのでw

私にとってはすっごく大事な調理器具なのだ(笑)

とにかく薄くてしなやかで平らなこと。これがマストの条件です。

卵焼きにも使ったりするけど(笑)

この中にある右から2番目の小さ目のヘラ。

tyourikigu2

実はこれはミニシリーズで、他に仲間がこれだけいます。

これらはどれもすっごくヘビーに使う調理器具!!

毎日かかせないシリーズですね~。

黒ヘラとミニトングが特に!

ミニトングは肉団子の形を変えずに返すのにも重宝しますよ~。


tyourikigu3

泡だて器は、ほんとにいろいろ使ってみて

ここに落ち着きました。

ここっていってもブランドとかそんなんではなく、

ホームセンターなんかのキッチン用品売り場で買った物なんだけど、

変にシリコン加工とかしてあるものでもなく、持ち手もシンプルでオールステンなところがお気に入り。

お菓子から料理まで幅広く使っています。


tyourikigu4

ピーラーはこのあたり。

やっぱり貝印のピーラーがよく切れます!!

黒いのはトマトの皮とか桃の皮をむけるピーラーだよ。

これもかなりのお役立ちグッズ。


tyourikigu1

そして最後は包丁。

グローバルメインですね~。

もう何年も使っています。




と、私がこだわりを持って使っている調理器具はこの辺りです(^-^)

唯一、あんまりこだわりがないとすると・・・・・


さいばしかなwww


ここは頻繁に変えるものなので、そこらへんでよく買います(笑)

いい菜箸にまだ出会ってないだけかもしれないけど。。。




というわけで、写真多めで申し訳ありませんでしたが、

私が使っている愛用調理器具の紹介でした(^-^)



しまうの大変だよw









********




 
 Instagram

※スマホのアプリ等、初期設定の場合、ブログを更新すると通知音が鳴ってしまいます。
更新が夜遅い場合もありご迷惑がかかりますので、うるさい場合は、
設定より通知音なしにおきりかえくださいませ(^-^) 


********



お弁当最新刊はこちら♪
『JUNAさんのいつもの材料で満足弁当』

内容などの詳細はこちら↓をご覧ください。

http://juna.officialblog.jp/archives/29527995.html
http://juna.officialblog.jp/archives/29863100.html

JUNA_H1_b

Amazon 楽天 宝島社
全国書店での取り扱いもございます。



初のエッセイ本はこちら♪
『JUNAさんの最強で最愛の家ハンバーグ』
内容など詳しくは以下の記事へ。
ハンバーグのことをもろもろ語っています。字メインで365ページの分厚さ。
とてもマニアックな本なので、ハンバーグ愛の強い方向けですw

http://juna.officialblog.jp/archives/28868558.html

hanb-h2

Amazon  楽天 イカロス出版

Amazon、楽天で電子書籍の扱いもございます。

※どちらも無料のアプリをダウンロードするとすぐにお読みいただけます。
分厚いのはちょっと・・・・という方は、こちらをご利用くださいませ。



~最新のコッタさんの連載はこちら~


ポチッと応援よろしくお願いいたします♪


料理ランキング
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




おすすめ著書
JUNAさんの特別な日のお菓子 (e-MOOK)
ほめられおせち
JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)








お菓子本  宝島社  honto総合書店
おせち本 宝島社 Amazon 楽天
お弁当本 宝島社 Amazon 楽天

その他著書はこちらへ→