まず私、子宮内膜症という病名はこれまでもちろん知ってはいたけど、

実際どんな病状なのかというのは、恥ずかしながらほぼ知らない状態でした。

知っていることといえば、生理痛がかなり辛いとかそのぐらい。

時々芸能人の方でも子宮内膜症を患っているというニュースを耳にしては、

なんかすごく大変なんだろうなぁ~とかそんな浅はかな知識しかありませんでした(;´∀`)


私は元々生理痛は軽くはないタイプ。

若い頃から鎮痛剤をちょこちょこ飲みながらの生理でした。

でもまぁ痛くても2~3日くらい。




それが40代前後くらいからかな・・・。

謎の下腹部の激痛に悩まされ始めることになります。


でも別に毎月じゃない。


数ヶ月に一度とか、疲れた時とか、そういう出かただったので、

とりあえず内科にかかっていました。

痛いのがたまたま右側下腹だと、だいたい

「盲腸」

と言われますw

今は盲腸は抗生物質で治療することも多いので、

私はその都度抗生物質を使って対処していました。

飲むと若干の痛みは引きます。

でもすっきり治るわけでは全然なし。


今思うと、あれは確実に婦人科系の痛みだったと確信している私。


産婦人科には行かなかったの?と思うかもだけど、

もちろん行っていました!

私は年1回のがん検診はかかさず行ってたし、

不正出血、下腹痛などがあれば、迷わずどんどん産婦人科の門をたたくタイプだったので、
(基本、なんでもすぐ病院へ行くタイプw)

そこで問題ないと言われていたからこその

内科チョイスでした。

産婦人科も脊椎の手術以来ずっと通っていた病院だったので

信じきっていたのです。

(脊椎の術後、薬のトラブルで無月経になってしまった時も対応してもらったりしていたので)



で、去年の今ごろぐらいだったかなぁ。

生理中のトラブルがけっこう多く出始めて。

元々持っていた偏頭痛は生理中にひどくなるいっぽうだし、

何より強烈な生理痛が1週間以上続くなんてこともざらに起こるようになってきて。

しかも、生理日以外でも下腹痛が増えてきて。

出血量も半端ない・・・。下肢のむくみが半端ない。

しかも生理中なぞの発熱。

急に39℃くらいの高熱がパーーーンと出るようになったのです。


もちろんかかりつけの産婦人科にすぐ行きました。

内診もちゃんとした・・・。

結果

「別に異常はないよ。」

と。

「発熱なんて生理中しないよ、別の病気じゃない?

内科行ってよ。」

と。

「痛いならロキソニン飲んで」

と。

・・・・

若干の不信感www


だってそのロキソニンが思うように効かないのだよwww



だからまた内科行きましたよ。言われたからw

素直なんだってばww

そしてすぐにいろいろ検査しました。

でもやっぱり内科的には別に異常なし。


途方にくれるあたしwwww


内科医いわく

やっぱり婦人科系じゃないかなぁと。。。


その後、毎月生理がくるとなぜか発熱し、

生理痛はもちろんのこと、ありえない偏頭痛でくるしみもだえ、

しかも生理周期もくるったり・・・

1ヶ月間出血が止まらないという月もありました(汗)

出血が止まらないと痛みは一向に引かない(涙)

そんな感じで

この一年で階段を転げ落ちるように

状態が一気に悪くなったという感じです。


偏頭痛で通っていた脳神経外科の先生にも相談すると、

やっぱり婦人科系のトラブルだと思うから

もう一度産婦人科行っておいで

と言われました。


やっぱそうよね。。。

またその繰り返しよね。。。



ただその時私、本作りにめちゃくちゃ忙しくて、

寝込む日が多いからただでさえ時間のやりくりが難しいし・・・

と思い、産婦人科へ行くのはともかく本の作業が終わってからにしようと。

だってまた来たの?って嫌な顏されるしw

そもそも本作りは途中で投げ出すことは決してできないのです。



そしてやっとさ2冊の本作りを終え(ハンバーグ本とお弁当本だよ)、

ホッとしたのもつかの間、

おっそろしい激痛が頻繁に襲ってくることになります。

で、なんと。

生理になると

尿道からも同じような出血を起こしているではないか!?

・・・・

いや、これは実は去年の冬ぐらいには????とは思っていたのです。

なんか、前の方でずいぶん出血してるなぁと。


だから、不安いっぱい&激痛の体をひきずって

再び産婦人科に行きましたよ。

また内診もしました。

そして言われたこと。


「やっぱり別に異常ないよ。

そもそも婦人科系の病気で激痛なんて起きないから。」

ときっぱり。

(゚∇゚ ;)えっ!? 

婦人科系の病気で痛いものないって???

そんなんうそでしょwww

女子、けっこうな方が毎月痛みと闘ってますよ??

もう超絶不信感www


そして先生は続けて言ったのよ。

「前回の内診で右側に卵巣嚢腫っぽいものはあったけど

別にたいしたもんじゃない。」

って。

・・・・・

(゚∇゚ ;)はっ!?  

前回そんなこと私に言わなかったじゃん!!!

嚢腫があるって今はじめて聞いたよ????

こっちがモヤモヤしていると、

「不安なら血液検査する?」

って言われたのでお願いし、結果を少し待つと、

「思った通り別に異常はないよね。

でも若干貧血があるね。

鉄剤10日ぐらい出すから飲み切ってね。」

そもそも年齢的にはいろいろあっておかしくないから。」

と言われて結局帰される。

もう絶大なる不信感しかないw




・・・・・

先生よ、この「貧血」こそが

子宮内膜症のサインではありませんかーーーーーー( ;∀;)
(と、今だったらわかるw)



JUNA夫さんは私が日々不調になっていくのをもちろん知っていたので、

「JUNAさん、こうなったらセカンドオピニオンだ!!!!

長年お付き合いしていたその産婦人科はおさらばし、

新しいところ探そう!!!」

と。



女にとって産婦人科変えるってけっこう勇気いるのよ(;´∀`)

でも、もうこの痛みは絶対ただならぬものだと自分でもわかっていたので、

勇気を出して、訪れたことのない新しい産婦人科の門をたたくことに。


新しい産婦人科ではあえてこれまでの産婦人科とのやり取りは言わず、

症状だけを的確に伝えて診察にのぞみました。

この時の私の症状を新たに追加するとすれば、

ありえないくらいの尿の近さ。

尿を出しても5分したらまた出たい。
(毎日ではないよ。でもいつそうなるかは不明)

そうなるとトイレの往復。

こうなるとどこにも出かけられないwww

あと、おしりの奥の方の激痛も。

そして足のつけねの痛み、太ももの痛み、腰痛・・・

もう痛み祭りwww

あと、くらーーーっとする(たぶん貧血から)のもけっこう頻繁に。


新しい産婦人科では

内診&尿検査そしてがん検診(子宮頸がん、子宮体がん両方)を済ませました。


結果

「右卵巣、大きめだね。6cm以上はあるよ。

左側も怪しいんだけどちょっとはっきりしない。

あと、子宮筋腫もあるよ。3cmくらいだけど。

それから

膀胱炎もあるね。

がん検診の結果は大丈夫。問題なし。

卵巣嚢腫とこのぐらいの子宮筋腫では痛みはでないと思うよ?

たぶん膀胱炎の痛みじゃないかな。」


おいおいおいおい、膀胱炎はとりあえずおいておいて、

なんかいろいろ出てきたぞ!?


先生は続けます。

「まぁでも、

卵巣の中身はたぶん水溶性のものだし、

がんもないから、2年に1度くらいの検診でいいんじゃないかな。

筋腫は小さいから問題ないよ。

膀胱炎の抗生剤は出しておくから飲んでね。

痛みは、やっぱりロキソニン飲むしないかな。」


・・・・

ええーーー、またこれで終わりかーーーー???


って思ったら

「左側の卵巣がちょっと気になるから

大きな病院に紹介状書くね。」

と。


ん??? なにそれ(汗)と思って

「なんか悪いもんですか?」

と聞くと

「んーーーー、いろいろちゃんとした検査してもらって。

ぼくからはなんとも。」

と。


逆に不安ーーーーーーーー( ;∀;)


ともかく、私はその日のうちに総合病院に電話し、診察の予約をとったわよ。

アポはまた2週間後くらい。

このころにはもう痛くない日がほぼない生活を送っていたので、

総合病院の診察までどんなに待ち遠しかったことか。

指折り数えて待ちましたよ。

膀胱炎の抗生剤はきっちり飲んだけど、別に尿が近いのは全然治らず。



そしていざ総合病院の診察日。


総合病院だけあって内診そのものもいろいろ丁寧。



で、その日にわかったとりあえずの結果。

「恐らく子宮内膜症です。しかも重症の。」


えーーーーーーーーー(゚∇゚ ;) 

なにそれーーーーーー(゚∇゚ ;)

私にとってはかなり不意打ちな診断結果でした。

まったく思わなかったのです。自分が子宮内膜症だったなんて。


それから先生はいろいろ丁寧に説明をしてくれました。

「まず、右卵巣、これはねぇ血液がたまっている嚢胞で

子宮内膜症が原因のもの。

7~8cmあります。水溶性じゃないね。
(いわゆるチョコレート嚢胞)

血液の嚢腫の場合、

手術を勧めるラインは神田さんの年齢だと5cm。

つまりもう要手術。できればすぐ。

で、

左は5~6cmくらいあるかな・・・。

でもこっちはちょっといろいろはっきりしないから、

ともかくMRI撮らせてください。あと血液検査も。

で。ここからが肝心なんだけど・・・・

二つの卵巣、子宮がくっついて癒着してますね。

あと、膀胱や大腸、小腸にも癒着してます。

この辺りの臓器が全部癒着してひとまとまりになっちゃってるんですよ。

だから卵巣が捻転を起こす可能性は低いけど、破裂するリスクは高いです。

つまり、

かなり進行した重症のものと言えます。

子宮内膜症、相当前からあったはずじゃないかな・・・・。

これ、相当痛かったですよね。」



・・・・・・・・・・

。゚( ゚இωஇ゚)゚。


先生の最後の

「これ、相当痛かったですよね。」

っていう言葉が脳裏に響き渡ったとです。

やっと、やっと理解してくれるところが現れたーーー

心からそう思ったのです。


子宮内膜症ならすべての説明がつくそう。

いろんな激痛も、膀胱&尿のトラブルも、むくみも、お尻の痛みも、全部全部。

やっと、やっと原因がわかったのだよーーーーー

この日、とにかくそれが一番うれしかったよーーーーーーー

やっぱり婦人科系の問題じゃないかぁぁぁぁああああーーーーー




子宮内膜症で一番厄介なのがこの「癒着」です。

子宮内膜症というのは、

本来生理が起きる場所(子宮)以外のところで生理が起きてしまうこと。

ちなみに原因不明の疾患です。

それが卵巣でおきれば卵巣に血液がたまり(出す場所がないから)

チョコレート嚢胞になるわけです。

これが体のどこで起きても実はおかしくないそう。

腸で起きる人もいれば、膀胱、腹膜、肺、手術痕・・・

それはそれはいろんなところに発生します。

私は膀胱も恐らく行ってしまっているだろうと・・・。

そして生理がくるたびその臓器なりその部分も生理と同じように出血し、

でも子宮以外では血液排出機能がないため、時に体に血液をためこみ炎症し、

そして細胞の増殖を毎月子宮と同じようにその箇所も繰り返し、

また炎症し、また出血し・・・と悪化の道を突き進み、

周りの臓器を巻き込んだ「癒着」という形をとるのです。

この「癒着」した箇所が激痛なんだそうな!!

ああああ、これぞ私が求め続けていた答えではないかぁぁぁああ。・゚・(ノД`)



この日はとりあえずこの結果が出たことで家路につくことに。

というのも

私は脊椎の手術をしていたり、偏頭痛があったりしたので、

それぞれの先生にまずは報告しつつ、

現在の病状の情報提供をしてもらいたいと総合病院の担当医に頼まれたので、

先にそちらをまわることに。

じゃないと手術や薬の治療方針が立てられないそうだ。



・・・・

なので、結局激痛から解放されることはなし(涙)


他の病気などない人は

すぐさまピルを飲み始めれば、痛みの緩和はできるそう。
(偏頭痛がある場合は、ピル処方は簡単にできない)


でもともかく。

人間理由がわかっただけでこんなに安堵するものなのかと思いました。

子宮内膜症のひどさはとりあえずおいておいてwww




さて。

この子宮内膜症。

実はとても診断が難しいみたいです。

産婦人科医だからといって全員診察できると思ったら大間違いだと。

チョコレート嚢胞を伴っていればわりと診断がつけやすいんだけど、

それ以外だと究極はお腹を切ってみて、

「ああやっぱり子宮内膜症だった」

と結論づけられる病気みたいで、

私みたいに見つけてもらえないケースも多々あるんですって。


にしても、見つけてもらえなさすぎですけどもwww
(だってチョコ嚢胞さえ見つけてもらえてればって話でしょう?w)

不運にもほどがある・・・


なので。


もしも、あなたがいつもとは違う生理痛、出血過多、頻繁な下腹の激痛がある場合は、

1軒の産婦人科受診だけじゃもしかでだめかもです。

いきなり総合病院というのも手の一つですが、

紹介状があると話が早いので、とにかく納得するまで病院まわったほうがいいのかと。


ほんとは子宮がん検診とかで見つけてもらえるのが一番ありがたいんだけど、

そうもいかないんですって。

なので、気になる人はともかく病院回ってみてくださいませ。

ひどく癒着してしまう前に!!!!


特に、私と同じような更年期に片足を突っ込み始めた年齢の同士のみなさま。

このころの不調って思わず

「更年期かもなぁ。」

って片づけてしまいがちです。

でもそれがけっこう落とし穴だったりもするので、

やっぱり気になる症状は早く片付けていったほうがいいのかなと思います。

私も全体的に更年期かと思ったからwww



*******

以下、私が子宮内膜症が原因と思われる体の症状を記してきます。
あくまで私の症状なので、参考程度にお願いします。
赤裸々すぎてごめんなさいw でもこれが本当に大事なことなので思いきって書きます!

・生理が長い(私は少なくとも10日は続く。長いと14日!)
・ひどい生理痛が10日間はある(薬なしではいられない、もしくは薬がきかない)
・生理日以外の不正出血(いつくるかわからない)
・生理日以外の下腹痛が頻繁にある。
※完全にお腹のいたくない日が月3~4日あればラッキー
・痛みはズキズキしたお腹全体的なもの、またはチクチクとした局所的なもの(左、右それぞれ痛い)
・震えと吐き気を伴うたとえようもない激痛のことも多々
・生理痛と偏頭痛が連動して起こる
・排卵前後の激痛(ただの痛みじゃないよ、すんごいんだこれが)
・生理前の下腹部痛
・お腹の尋常ならぬ張り(もはやゴムスカートしかはけないw)
・下肢のむくみ(2年くらいまえから気になりはじめる)
・足の付け根の痛み(なので座るのがしんどい。立ってるのが一番楽)
・太ももの内側から裏にかけての痛み
・肛門の奥の痛みや膣の痛み(これけっこう強烈)
・尿道からの生理同様の出血、出分泌物(この世の終わりかと思うw)
・頻尿(半端ない)、膀胱炎などの尿トラブル
・骨盤付近の痛み(脇腹のほうまで痛い)
・貧血(時々ふわっとする)


ちなみに子宮内膜症が原因かわからないもの
・座骨神経痛(ここ数ヶ月ひどい)
・足のつり

***************

どんだけあるんだよwww

多分私はフルコースタイプなんじゃないかと思います。

でもこれが現実です。

細かいこと言うともっとあるよ(涙)

ふんとにすんごいんだよ、子宮内膜症の痛みの苦しみって。


とにかく、女性のみなさんが
できるだけよい産婦人科医に出会えますよう!!!!


これが一番大事なんじゃないかと。。。



というわけで、

今回はひとまずここまで。

ここまででもボリューミーすぎるではないかw



この後のお話はまた書きますね~(´▽`*)



今思うことはだたひとつ。


次の生理が来るのがめちゃくちゃ怖い(இдஇ )

でもきっと人生でラスト1回、もしくはラス2の生理だから

もう気合いでのりきるしかなーーーーーーーーーーいっ( ;∀;)






******

『JUNAさんのいつもの材料で満足弁当』(宝島社)
2月22日発売!


内容などの詳細はこちら↓をご覧ください。

http://juna.officialblog.jp/archives/29527995.html
http://juna.officialblog.jp/archives/29863100.html

JUNA_H1_b

Amazon 楽天 honto総合書店 宝島社

全国書店での取り扱いもございます。




1月26日に発売になりました初のエッセイ本です。
内容など詳しくは以下の記事へ。

http://juna.officialblog.jp/archives/28868558.html

hanb-h2

Amazon  楽天 honto イカロス出版

AmazonでKindle版も発売になりました!
楽天で電子書籍の扱いもございます。

※どちらも無料のアプリをダウンロードするとすぐにお読みいただけます。

分厚いのはちょっと・・・・という方は、こちらをご利用くださいませ。



 
 Instagram



~最新のコッタさんの連載はこちら~





ポチッと応援よろしくお願いいたします♪

料理ランキング
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




おすすめ著書
JUNAさんの特別な日のお菓子 (e-MOOK)
ほめられおせち
JUNAさんの幸せ弁当 (e-MOOK)








お菓子本  宝島社  honto総合書店
おせち本 宝島社 Amazon 楽天
お弁当本 宝島社 Amazon 楽天

その他著書はこちらへ→