gyuusyabu1121171

セールで買った牛肉(半額だぜw)がもう1パックあったので、

しゃぶしゃぶに。

(ちなみに、牛ステーキ弁当は最高だったらしいw)


gyuusyabu1121172

量はそんなにないのよ(笑)

みんなでちょっとつまむ程度(≧▽≦)


gyuusyabu1121174

ヤマサさんのごまだれがまだ残っていたので、

それにつけて食べました。

温野菜もこれで。


gyuusyabu1121173

お肉がちょっぴりだったので、さばも焼いたよ。


gyuusyabu1121175

あと、娘の大好物のきんぴらごぼうも。

1本半で作ったのに、全部なくなったwww

ごちそうさまでした。



(最近青系の柄皿にちょっとはまっている私)




 
 Instagram




日曜日、ひょんなことから大学時代の親友(女性)に会うことができたのよ。

突然連絡がきて、静岡にいるよっていうから。

同級生。

でも昔から私よりもずっと大人で、

いつも私は面倒ばかりかけててw

それでも見放さずにずっと近くにいてくれて。


もちろん、お互い当時のことは全部知ってるわ(笑)

今のことはそんなに詳しく知らないけど、

濃厚だった青春の4年間を知っているだけで、

もう相手のこと全部わかったようになるから不思議w

たぶん今の年齢で流れる4年間とはまったく違う時間の流れだったんだろうな。



遠くに彼女を見つけて、

向こうもこっちに走ってきてくれて、

もう次の瞬間とびついてた私(笑)

彼女は昔とかわらず小さくて細くて華奢で

それに比べて成長しすぎた私よw

とりあえずリスにクマがおいかぶさる・・・みたいな(;´∀`)

だってどうしても抑えきれなくって。

「久しぶりーーーー」

なんて言葉だけじゃ表現できない気持ちが先走っちゃって。



そのあと時間は少ししかなかったんだけど、

超絶弾丸トーク(笑)

彼女は元々そんなにしゃべるタイプじゃないんだけど
(いつも私がしゃべってる方)

なんか今まで会えなかった時間を急激にうめるように

とにかくしゃべるじゃべるしゃべる(笑)


でもあっという間にお別れの時間はやってきて、

「それじゃぁね」

って。


次の瞬間、今度は彼女の方から私に抱きついてくれて。

リスがでっかいクマにまとわりつく、みたいなw

でも

彼女はとてもとてもドライなタイプなので、

本来そんなふうに感情を表現しない人なのよ。


だから尚更うれしくてうれしくて。


こんなふうに

抱きしめ合える友がいるって

なんて幸せなんだろう。。。

そんなふうに思った日曜のひと時でした。






「JUNAさんの特別な日のお菓子」(宝島社)12月7日発売
どうぞよろしくお願いいたします。

JUNA_okashi_H1_saisyua

Amazon TSUTAYA 楽天

本についてのお話はこちら  本の内容の詳細はこちら 
本作りの流れのお話はこちら 




~最新のコッタさんの連載はこちら~





ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
  人気ブログランキング  
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




******************