veg-chirashi

この間のおだしイベントの時
(その時の模様 その1その2 )

に作った料理のレシピが公開になってますので、

こちらご紹介しますね~。

どれもすんごくおいしいので、

イベント来られなかった方々にも作ってもらえたらいいなぁ~って思って(^-^)

まずは

「野菜いっぱいの華やかちらし寿司」

お刺身とかお肉類とか、そういったものを使わなくても

おだしの力&素材の力

で、とーーーってもおいしいちらし寿司ができるってことを

知っていただきたくって考えた一品なのよ(´▽`*)


veg-chirashi4

刺身とかお肉を使わない散らしは、味が淡白になりがちだったり、

場合によっては物足りなさを感じることもあるんだけど、

それをカバーするために、五目寿司の五目具材を一工夫♪

まずは以下の3つ

・干ししいたけ・・・旨味成分のグアニル酸が豊富

・油揚げ・・・コク出し

・かんぴょう・・・旨味たっぷりの煮汁を吸いこんでもららう


これに加えて、野菜の中でも旨味成分(グルタミン酸)が多めの

たけのこ、にんじん

を使用して「五目」にしてるわ。

味つけはいつもより少しだけ濃いめに。

でも酢飯の塩は半量に抑えてあるので大丈夫(^-^)

この5種類の具を汁気がなくなるまで煮て(写真1)、酢飯に混ぜます(写真3)。

そうすると、

これだけでもいいんじゃないかっていうおいしい五目寿司ができあがるのよ♡

お弁当とかにもいいかもだわ。


で、上に錦糸卵をたっぷりとのせるんだけど(写真4)、

卵にも1個につきだし汁が大さじ1入ってるのね。塩は1個につきひとつまみだけ。

これだけでうーーーーんとおいしい錦糸卵になるのよ。

イベントでもお若いお嬢さんが、

「この卵すっごくおいしいんですけど、レシピ何回みても、

だし汁と塩だけなんです・・・。これ、ほんとですか?」

ってwww

ほんとなのよ♡


おいしい五目寿司においしい錦糸卵があれば、

あとはトッピング具材がそこそこでも大丈夫なのよ。


トッピングはどっちかっていうと

食感とか、風味とか、色みとかそういったものをもらう役目なの。

今回のっけたトッピング具材は

・れんこん(写真2)
だし汁、みりん、塩で煮ただけ
・きゅうり(塩もみ)
・みょうが
・大葉

枝豆(冷凍)
・かいわれ
・白ごま
・紅しょうが
・刻みのり


ね、そんなにたいしたもんのってない(笑)

これでもふんとにおいしくなるから不思議~(≧▽≦)

イベントの時も話したんだけど、

トッピングの具材は2回に分けてのっけるといいわ。

例えば最初にきゅうりの塩もみを全部のっけちゃうと、

あとからのっけるトッピングで見えなくなっちゃうので、

2回に分けることで見えるようにしてあげるのよ。


お刺身が苦手な場合とか、長時間テーブルにおいとかなくちゃいけないとか、

そんな時にはもってこいのちらし寿司。

野菜大好きな女子にも受けがいいかと思います。


詳しい材料の分量や作り方はこちらに↓

tirashi-bn1



お次はこちら、

veg-chirashi3

「かぼちゃ入り五目豆」

これねぇ、すんごく地味だけど(笑)

めちゃくちゃうまいわ。

2~3日持つし、常備菜にもちょうどいいのよ。

煮崩れしやすいかぼちゃをどうやって五目豆の具にするの?

って話なんだけど

veg-chirashi2

かぼちゃだけ炒めて、最後に加える方法なのね。

そうすると煮物のコク出しはもちろん、

冷める段階でだし汁の旨味をかぼちゃがみんな吸ってくれるので、

おいっしい五目豆になるのよ♡

これはさつまいもでもできるわよ~。

いつもの五目豆にしたければ、かぼちゃをにんじんにするとか、れんこんにするとか、

そんなふうに対応してもらえればと思います。

娘がとまらなかった一品よ(笑)


詳しい作り方はこちらに↓

gomoku-bn1



最後にこちら。

veg-chirashi5

「肉団子スープ」

これがほんとに簡単でイベントでも人気だったわ。

うちでも娘が大好物なの。

レシピは以下に書いときます。

こちらは枯節パック(一番だし風)使用です。

もちろんお手持ちのおだしでもOK.。


【材料】 3人分

枯節パック ・・3個
水・・・カップ3
※パックがない場合はいつもお使いのだし粉でも、もちろんかつお節でだしをひいてもOK。

しょう油・・・大さじ1と1/2
塩・・・小さじ1/2弱~好みに調節


<肉団子>
豚ひき肉・・・200g
白ねぎ・・・1/2本
大葉・・・5枚
しょうが・・・1片

A:酒・・・大さじ1
A:塩・・・小さじ1/3
A:しょう油・・・小さじ1/2
A:ごま油・・・大さじ1/2
A:片栗粉・・・大さじ1強
A:黒こしょう・・・適量


水菜・・・適量
白髪ねぎ・・・残り1/2本分で
レモンの皮・・・少々
ラー油・・・好みの量


【作り方】

1.水と枯節パックでだしをひく。
※中火にかけ、軽く煮立ったら弱火にして5~6分煮出します。

2.白ねぎの下部1/2本は白髪ねぎに、残り(葉以外)はみじん切りにする。
大葉、しょうがはみじん切りにする。水菜は3~4cm幅に切る。

3.ボウルにひき肉、白ねぎ、大葉、しょうがのみじん切り、【A】を入れてよく手でこねたら、
一口大にまるめる(大き目なら9個、小さ目なら12個に)。

4.1のだし汁を沸騰させたら、3を入れて弱めの中火でしばらく煮る。
アクをすくい取ったら塩、しょう油で調味する。

5.肉団子に火が通ったら火を止め、水菜を入れる。
器に注ぎ、白髪ねぎ、レモンの皮をのせる。ラー油はお好みで。



これから柚子が出回ってくるので、柚子の皮があればベスト。

肉団子のタネにも柚子の皮をおろして加えると、さわやかなテイストになりますよ~。



iv-mn-juna7

以上3点、イベント料理のご紹介でした(^-^)

なんかイベントしたの、遠い昔のような気がしてるわw





 
 Instagram



「JUNAさんの特別な日のお菓子」(宝島社)12月7日発売
どうぞよろしくお願いいたします。

JUNA_okashi_H1_saisyua

Amazon TSUTAYA 楽天

本についてのお話はこちら  本の内容の詳細はこちら 
本作りの流れのお話はこちら 





~最新のコッタさんの連載はこちら~
 



ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
  人気ブログランキング  
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




******************