P1080085.jpg

P1080096.jpg

小ぶりの新鮮な鯛が手に入ったので
尾頭付きで何かおいしく頂く方法はないかと思い、考えたのがこれ。。。

和洋せっちゅうではなく和中せっちゅうかな。



まず鯛はうろこを大根できれいに落とし、わたを取り除いてきれいに洗います。
そして水気をよくふきとって、お塩を両面にフリフリ。

我が家は実家からもらった、とっておきのおいしくてまろやかなお塩があったので
それを使いました。しばらくここでおいておきます。
(お塩はお料理の味をかなり左右しますので、こだわってみるのもいいですよ^^)

その間に、付け合せのお野菜(お好みでなんでも。)と葱を切りります。
お野菜は、後でかけるソースを絡めて食べるので、
お醤油ベースに合うお野菜なら何でもいいと思います。
私は水菜・大根・プチトマト、そしてわかめをチョイス。

葱はこのお料理のポイントになりますので、
細く白髪葱になるように切って、氷水に浸しておきます。
(こうすると触感がかなり楽しめますし、ねぎのえぐみもとれます。)

お野菜はお皿に自由に盛ってみてくださいね。

野菜をしたごしらえしている間に、鯛から水分が出てくるので、
それをしっかりとキッチンペーパーで押さえて取ります。

両面に軽く片栗粉ををまぶし、油をしいたフライパンで両面こんがりと焼きます。
少し油を多めにして、スプーンで油を魚にかけながらやくと、
火も早くはいって、かつパリパリ・フワフワした触感になっておいしくなりますよ。

焼きあがった魚はお皿の中央へ。

そしてソースをつくります。

魚を焼いたフライパンをそのまま使います。油が多く残っている場合は
キッチンペーパーなどで吸ってしまってください。
ほんのり油がある状態で、火をつけ、酒・みりん・しょうゆを1:1:1の割合で投入。
家族によって量はいろいろですが、比率があっていればOK。
少ししょっぱいんじゃないかな??って思っても、後で魚やお野菜に絡めて食べますので
心配ないです。

ブクブクとわいてきて、アルコール分がとんだら、
ここでかる~く片栗粉でとろみをつけて下さい。ほんとに軽めでOKです。

ソースに艶感がでてきたら、お皿に盛っておいた鯛の上に、まんべんなくかけて下さい。
そして、そのうえに、しゃっきりとした白髪葱をたっぷりのせます。

さて、ここからが最後のポイント。
ごま油をフライパンで熱し、湯気がでる直前ぐらいまで加熱してください。
このごま油を最後に葱の上からまわしかけて出来上がりです♪

ごま油をかけたときの、じゅ~って音と、香ばしい香りが食欲をそそりますよ~
鯛と白髪葱、お野菜、ソースのハーモニーが絶妙です。

和風というか、ちょっと中華な感じもあって、ご飯には最高に合いますよ。
我が家でも大好評の一品でした☆

鯛が手に入ったときにはぜひお試し下さいネ。
やっぱり「おうちごはん」は家族団らんにはかかせないです。

にほんブログ村 料理ブログへ