nasubegi03112.jpg


昨日、むすめのクラスで


家出をしたことがあるか、ないかってことが話題になったらしいのよっっ。



・・・・・


ええ、みんな小4ですけどっっっ(驚)




ま、みんなお母さんに怒られることもまだまだあるだろうしねぇ^^;


心も体も成長してくる頃だから、子供たちなりに納得いかないことも出てくるんだろうし・・・。


ちなみに、小4だと、


2~3時間ぷいっとして家をあけることも=家出らしいんだけど(笑)






うちのむすめっこは、今のところ家出はないっ(笑)


でもねぇ、


幼稚園の頃だったかしらねぇ。




むすめがなんかでけっこう悪いことをしたので、


母さん、ちゃんと本気で怒ったわけなのよ。


元々私は、普段はあんまり怒らないタイプなので、


むすめにとっても


私が怒る=相当怒ってる


ってことを意味したわけ。





それでもあんまりにむすめが言うことを聞かなかったもんだから、


「そんなききわけのないことを言うのなら、出て行きなさいっっ。」


な~んて、


よくあるセリフを、はじめてむすめに言ってしまったわけさ^^;




私が子供の頃は、


そんなセリフを言われた日には、超びびっちゃって(笑)


「ごめんなさい、ごめんなさい、もうしません、許してくらさい


って、そりゃもう平謝り(笑)


きっとむすめもそうなんだろうなぁと思っていると、





むすめは


当時使っていた、


キティーちゃんのでっかいナップサックに、


くまのあーちゃんのぬいぐるみ(むすめの宝物)と、


10円玉がいっぱいの貯金箱、それからおやつ少々をそそくさとつめ出して、






哀愁たっぷりの背中を私にむけて、


「お世話になりまちた


って言いながら、玄関で靴はいてんじゃないのよっっっ。





ひーーーーーーーーっっ


と思って、母さんあせりまくり、



ああ、


この子には



「出て行きなさい」


は、決して言ってはならんと知ったわけさ(苦笑)







むすめいわく、


普段怒らない母さんが、それだけ怒ったら、


本当に出ていくしかないと思ったそうな(笑)
(子供としてどんな腹のくくりかたっっ?-笑)






元々私は、


「そんなことすると、母さん、家を出ていくよ。」


とか、


「言うこときかないなら、母さんよそへ行っちゃうよ。」


などといった、


母さん=いなくなる的発言


だけは絶対にしないよう、気を付けていたわ。





とにかく


母さんはいつも家にいる。


母さんは、いつもここにいて、あなたを受け入れる。


母さんは決してどこへもいかないで、あなたの母さんのまま。





ということだけは、どんなに怒った時でも常に大前提にしてたのよ。




だからこそ、


母さんが出ていくんじゃなくって、


あなたが出て行きなさいみたいな方向の発言になっちゃったんだけど、


・・・・・・・


この件があってから、母さん二度と


「出て行きなさい」


は言わなくなったわ(笑)


そ、たった一度しか使わなかった最初で最後のセリフになったのよ(笑)




んじゃ、そのあとどうやって怒ったかというと・・・・





母さんは常に家にいる


かつ


あなたもでていかなくていい





ってことを大前提に変え直し(笑)


・・・・・・・



「修行にいかせるよ。」


にチェンジ(笑)





修行ってのは、


拠点は家で(笑)、一時的に出張にでかけるみたいな位置づけなので(ぶぶっ)、


結果これは、かなりの効果があったわ。くくくっ。







むすめがナップサックを背負って出ていこうとしたことJUNA夫さんに話した時、


「あはは~~、そりゃ僕の遺伝だなぁ~~


って言うじゃないのよっっ。


この人も、


子供の頃お母さんに叱られて、


「反省しなさい!!」って家の外に放り出された時
(昔、こういうのよくあったよね-笑)


そのまま


「反省しにいってきま~す♪」


ってどこかへ行っちまったそうな(笑)




そのあと、お母さん、青い顔してこの人探しまくって、


そりゃ生きた心地がしなかったそうよ~(笑)




・・・・・


ふんと、同じだわ^^;







こういうこと考えると、


子供をどうやって叱るかっていうのは、やっぱりすごい難しいわよね。


その子それぞれにあった怒り方ってのがきっとあるってことだから。


でもたぶん、


どんな怒り方でも


そこに「愛」があれば、いいんじゃないかしら・・・。






この頃は、うちのむすめっこには


「修行にだすよ。」


なんて子供だましは、もちろんきくはずもなく(笑)


もう大人顔負けな会話力なので、


母さん、


とにかくちゃんと理由を説明しながら怒るようにしてるかな。


感情的にだけはならないよう気をつけます。


あとは自分の都合だけで、絶対に怒らないように。








ま、この頃は私の方がむすめに怒られてばっかりですけどっっっ(笑)


ぷっ。


一緒に並んで道路歩いてると、

「ママ、ひかれるからちゃんとまっすぐ歩きなさいっ!」って怒られる(笑)








ではお料理~♪

nasubegi0311.jpg

野菜だけでもメインになるシリ~ズ~♪ ドンドンパフパフ~♪

「なすと白ねぎの香味炒め?」 ←いいタイトルが思いつかない(笑)


【材料】2~3人分

長なす・・・2本
白ねぎ・・・1本
しょうが・・・ひとかけ
塩・コショウ・・・適量

酒・みりん・しょう油・・・各大さじ1

みょうが・・・2個
刻みねぎ・・・適量


【作り方】

①なすは縦半分にしてから、1~1.5cm幅ほどの斜め切りに、
白ねぎは6~7㎜幅の斜め薄切りに、しょうがは千切りにする。
(なすは時間があるのなら水につけてあくぬきするとよい。)
みょうがは、縦半分に切ってから千切りにし、水にさらしておく。

②フライパンにサラダ油(分量外)を多目にひき、強めの中火でしょうがを炒める。
香りがたったら、水気をよくきったなすと白ねぎを加え、油をまわすようによく炒める。

③塩コショウをしっかりとし、酒、みりん、しょう油の順に回し入れ、調味料をよく絡めるようにして、
フライパンをふりながら炒める。水分がほぼなくなればOK。

④皿にもり、上に水気をしっかりときったみょうが、刻みねぎをたっぷりとちらせば完成。
※水分を飛ぶまで炒めても、皿にとると、再び水分が出てきます。




みょうがが、とってもいい仕事してくれるのよ~♪


さっぱり頂けて、かつごはんのおかずになるの^^


子どもには、みょうががないところをあげてね。



tamagaoyaki0311.jpg

あとは、妙に食べたくてたまらなくなって作った


厚焼き卵♪


sald03119.jpgmiso-sp0311.jpg

あとは、サラダとか、味噌汁。

うち、ブロッコリーよく食べるよね(笑)


ごちそうさま~☆


***********************************************

☆今日のJUNA夫弁当☆

lb0309111.jpg

「しょうがたっぷりまぐろの照り焼き弁当」

・まぐろ照り焼き
・ピーマンとパプリカ、ベーコンの炒め物(塩コショウ・しょう油少々)
・ゆでたまご など


lb0309112.jpg

所々にある葉ものは静岡産の「わさび菜」

わさびのようにぴりっとするよ。

茹で卵の上にのっているのは、イタリアンパセリとピンクペッパーです。









今朝のJUNA夫さんは、
カップヌードルのクイーンの替え歌バージョン歌ってたわ。
ほんと、この人、歌わない日はないんだろうか???
他にもなんだか一生懸命ギャグ飛ばしてたけど、ねぼけていた私はついていけず(笑)






↓ それぞれポチッと応援して頂けると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

子育てスタイルにも参加中♪ 

【当ブログの訪問・コメント返し・リンクについてはこちらをご覧になってね】