久々に、「山食」を焼いたんだけど、



実はこれは、2回目の山食で、



1回目はとんでもねーもんを焼いちまいました( ̄▽ ̄;アハッ



といっても2回目のこれも、微妙っちゃー微妙で、








釜のびは、なんとかちっーーとはしましたが、


底、メタメタ(-_-;)








表面は、まぁまぁカリっといったけど、ピキピキ音はせず。








中は、わりとい~感じにフッカフカ~(〃∇〃)









んじゃ、その失敗した1回目の山食はというと、







ほれ、後ろにうっすら写ってるあれよぉ~、あれあれ♡








一ミリたりとも釜のびしてないっっっ(≧▽≦)


ある意味、奇跡(笑)



いえ、むしろ、縮んだんじゃないの??っていう感まであるわ・・・。





完全に



過発酵どすっ( ̄ー ̄)


久々のパン作りで、まぁ、いいかげんに作ったっていうのと、



イーストの量がちょっと多かったっていうのと、



あと一番の原因は、



一次発酵中に外出するっていう無謀さっっ♡


だめよぉ~、だめだめ♡



帰ってきて、ボール見てびっくらこいたのよ。



自分の腹かっていうような、ふくらみすぎたパン生地見て(笑)。



そして、見事、そのまま決行した結果の産物となったわけです。








中はねぇ、



フッカフカ♡




すぎるっ( ̄ー ̄;



これも、過発酵が原因だわ・・・・






というわけで、これをリベンジしたくて、2回目の山食を焼いたってわけなのです。



次はまたもうちょっとうまく焼きたいけど、



・・・・




やっぱりパンツくるの、



あ、ちがったわ、



パン、作るの (変換よしっ) って、



難しいっ(≧▽≦)








失敗した山食といただいたのは、


「鶏ムネ肉で作るトマトスープ」



パサパサしがちなムネ肉には、薄力粉をまぶして焼いてから、


合わせていきます。



【材料】4人分ほど


鶏ムネ肉・・・2枚

塩・コショウ・・・適量

薄力粉・・・適量


セロリ・・・1本

白ねぎ・・・1本

(私はタマネギをきらしていたので、白ねぎで代用しています。タマネギがあるならそれで)

にんじん・・・1/2本

にんにく・・・ひとかけ

オリーブオイル・・・適量


なす・・・1本

かぼちゃ・・・1/8個

いんげん・・・10本ほど


☆カットトマトパック(トマト・ジュースづけ)・・・2パック

 (1パック内容総量388g、固形量213gのもの使用)

☆水・・・カップ1

☆固形コンソメ・・・1個

☆砂糖・・・小さじ1

☆乾燥オレガノ・・・適量


塩・コショウ・・・適量



【作り方】


1.鶏肉は一口大に切る。

セロリ(茎の部分)は繊維を断ち切る方向で薄切りにし、

白ねぎは6~7mmの小口切りに(タマネギなら、粗みじん切りに)、にんじんはさいの目切りにし、

にんにくは半分に切ってからそれぞれを包丁の腹でぎゅっとつぶしておく。

なす、かぼちゃは食べやすい大きさに切り(小さ目)、いんげんは2~3cmに切る。



2.フライパンに多めにオリーブオイルをひき、中火で1のにんにくをじっくりと炒める。

香りがたったら、セロリ、白ねぎ(またはタマネギ)、にんじんを加えて、

弱めの中火でじっくりと炒める。





3.1の鶏肉に塩・コショウをし、茶こしで薄力粉をまんべんなくまぶしたら、

オリーブオイルをひいた別のフライパンで、表面を強火でこんがりと焼く

(中まで火を通す必要はない)。





4.2のフライパンに3の鶏肉を入れてさっと炒め合わせたら、☆を加えて煮立て、

中火ほどで30分程度煮込む。




 



5.別のフライパンにオリーブオイルをひき、かぼちゃ、なす、いんげんの順に炒める。

全体に焼き色がついたら、4に入れ、さっと混ぜ合わせる。

塩・コショウで好みの味に調えれば完成。



 


※トマトの酸味が苦手な場合は、いったん冷ますと酸味がとびます。





(失敗した)山食によく合いました(≧▽≦)




ごちそうさま~☆








*******************

8月28日発売


『JUNAさんの幸せ和風ごはん』(宝島社)




アマゾン TSUTAYA セブンネット


全国書店にて予約開始しております。



どうぞよろしくお願いいたします。



********************




↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです♪



   


↓おかげさまで殿堂入りしました!


 



製菓、製パン、お弁当小物などはこちらから↓




ブログ説明、コメレス、メッセージなどのお返事について、リンクについてはこちら →