先週中の少ない晴れの日をねらって、



なんとか家族でお花見をすることができたわっ(^-^)



ああ、よかった。。。



だってねぇ、これしないと、なんか春を迎えたような気がしないというか、なんというか。。。(笑)



とにかく日本人って、ふんとに桜が好きなんだなぁ~って思うわ(〃∇〃)








さて、今年のお花見弁当は、こんな感じに作りましたぜぇ~。






まずメインに



「たけのこ入り鶏つくね」



「華やか和風ごはん本」P53に登場しています。



料理サプリの動画だとこちら→ 



これねぇ、春らしくて、しかもお弁当むきで、



お花見弁当にはもってこいのメニュー♪



冷めてもうまいっ♡っていうのが、また最高っ(≧▽≦)



JUNA夫さんもむすめも、これが大好きで、奪いあうように食べてたわ(笑)




あとねぇ、もうとうもろこしがもう出ていたので、



初物♡ということでお弁当に入れてみましたよん。









そして野菜の段。



・絹さや入りきんぴらごぼう


・塩ゆでそら豆


・プチトマトや柴漬け(ただのすきまうめww)



です。



きんぴらはむすめの希望で。








ごはんは、雑穀入りおこわ風のごはんを丸くにぎって詰めてます。



米:もちごめ=1:1 それに市販の雑穀をざ~っと加えて普通に炊き上げたもの。



お弁当なのでまるめるときはラップを使っています。塩はうっすらとしてある程度で、



上に塩昆布、梅干し、ごま塩をそれぞれのせて。。。



これがまたもっちもちしておいしいのよ~(^-^)


時間がたってもとにかくもちもち♡









そして今年のデザートはこれっ。



噂のメイソンジャーだわww



私はこれまで保存ビンとしてしか使ってこなかったので、



最近のおっされな使い方にはびっくらこきまくっています。



結婚した時にけっこうそろえたのね。



で、だいたい梅干しが入ってたりとかw



昆布が入ってたりとか、パスタが入ってたりとか。。。くくっ



でもそれ以外に使ってもいいのね・・・


ということを最近の雰囲気で知り(笑)、



とりあえず



カットしたフルーツを詰め込んでみたわw



これをどうするかっていうと・・・・・・・








現地でキンキンに冷えたサイダーをそそいで、







フルーツポンチ風にして食べるっていうね(≧▽≦)



・・・・・・



あ、あ、あってるのかしら??? こんな使い方でwww



フルーツポンチ大好きなむすめは、とりあえず大喜びだったからよしとするわ(笑)











メイソンジャーは、割れないように気をつけて運びましょう(≧▽≦)



私はふきんでグルグル巻きにして持っていったわ(笑)














桜、とってもきれいだったわぁ。。。。








場所によっては葉桜だったけど、ここは満開♡








道は桜の花びらで情緒たっぷりでした。









なんか妙な構図でもとってみたわ(笑)



桜に囲まれた一本の木が妙に主張してたので。









最終的にはには桜じゃなくて、橋の下に萌えた私ww



萌えるわよね???



え?萌えないの???



こんな素敵な被写体なのに???(笑)




・・・・萌えポイントは人それぞれなんですってばw






というわけで、今年の花見も無事終えて、よかったわぁ。。。(〃∇〃)









**********************



3月7日発売の



『JUNAさんの華やか和風ごはん』(宝島社)


どうぞよろしくお願いいたします。









アマゾンセブンネット  楽天


全国書店にてお買い求めいただけます。





*******************


2014年8月28日発売


『JUNAさんの幸せ和風ごはん』(宝島社)




アマゾン 、 楽天 、 TSUTAYA 紀伊國屋


全国書店にてお求めいただけます。


どうぞよろしくお願いいたします。



他著書(すべて宝島社刊)


「JUNAさんの幸せ弁当」 アマゾン  楽天


「JUNAさんの家族を笑顔にする毎日のごはん」 アマゾン  楽天


「JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん」 アマゾン  楽天


   




*******************


↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです♪


  

人気ブログランキング        


↓おかげさまで殿堂入りしました!


 

 レシピブログ


製菓、製パン、お弁当小物などはこちらから↓




ブログ説明、コメレス、メッセージなどのお返事について、リンクについてはこちら →