lb0929161

こちら、家族3人分のお弁当♪

「ハンバーグ弁当」

といっても

卵も牛乳も使っていない、アレルギーに配慮したハンバーグなのよ(^-^)

このあいだアレルギーの件を記事にしてから、

ハンバーグひとつ作るのにも頭を悩ませている、

というお話を寄せていただいてたりして。。。

ハンバーグマニアの私としては、

アレルギーのお子さんにもおいしいハンバーグをぜひ食べてほしい!

と思い、ちょっとレシピを考えてみたわ。

今回は小麦粉には対応してないんだけど(パン粉を使うため)、

卵、牛乳は完全除去で作ってあります。

また、少ない素材でもTheハンバーグ感を出したかったので、

牛100%で作ってあるわ。

これだけでかなりハンバーグなので、あとはどうつなげるかだけになるのよ。

※もしも牛肉にアレルギーがある場合は、アレルギーの心配のないひき肉で作っていただければと思います。


またお弁当用ということで、いつものような「ふわふわ」ハンバーグではなく、

しっかりめの歯ごたえのハンバーグ♪

とにかく、材料はできるだけシンプルに、余分なものを省いています。



「【卵・牛乳(乳製品)なし】牛肉100%ハンバーグ」

【材料】小さ目3個分 大人だったら2個分

牛ひき肉・・・220g
ひき肉用塩・・・小さじ1/3
ナツメグ・・・少々

タマネギ・・・小さ目1/2個
タマネギ用水・油・・・各小さじ1/2

パン粉・・・カップ1/2強
日本酒・・・大さじ3
片栗粉・・・小さじ1強

コショウ・・・適量

蒸すための酒・・・大さじ2ほど

☆ケチャップ、ソース、水・・・各大さじ1ほど
☆しょう油・・・小さじ1/3(風味づけ)


【作り方】

1.耐熱容器にタマネギをタマネギ用水・油を入れてラップでふんわりと覆い、
600Wの電子レンジで2分ほど加熱したら、バットなどにあけて冷ましておく。

2.パン粉に日本酒を加えてよく和えておく。

3.ボウルにひき肉、ひき肉用塩、ナツメグを入れ、ねばりが出るまで手でよくこねる。


han-b1

han-b2

※まずお肉に塩を入れてしっかりとこねることで、
お肉に粘りを出し、お肉同士をしっかりつなげることができます。
手にすいつくような感覚になるまでしっかりとこねます。


4.3に2、片栗粉、1+コショウの順に3回に分けて加え、都度手でよくこねたら成形する。
時間があれば、しばらく(15~30分)冷蔵庫で寝かすとよい。


han-b3

材料を入れるごと、しっかりとこねましょう。成形するときは空気抜きするのを忘れずに。

5.フライパンにサラダ油(分量外・適量)を入れて強めの中火にかけ、4を焼く。
焼き色が付いたらひっくりかえし、蒸すための日本酒を加えてふたをし、
弱火で10分ほど蒸し焼きにする。

※タイマーをかけましょう。


han-b4

6.ハンバーグは焼けたら取り出し、フライパンに残った水分や油分をキッチンペーパーで
ある程度ふきとったら、☆を加えて弱めの中火にかけ、トロっとしたらハンバーグにかける。


※ケチャップやソースは成分をよく確認の上、問題がない場合に使用してください。
使えなければ、みりん+しょう油で照り焼きハンバーグにしてもいいと思います。


lb0929162

というわけで、こんな感じで完成~(´▽`*)

見た目もいつものハンバーグよ~♪


他のメニューは

・きんぴらごぼう(酒、しょう油、みりん)
・ペンネケチャップいため(塩・コショウ)
・コーンソテー(オリーブオイル・塩:レンジでチン)
・トマト&きゅうり
・栗甘露煮(市販品)


これを食べたJUNA夫さんも娘も

「ママのハンバーグの味だねぇ~。おいしねぇ~~。」

といって

まったく何も気が付かずwww



ってことはおくさんっ、


つまりこれ、ちゃんとハンバーグよっ♡




ちなみに、牛乳(乳製品)はOK&やっぱりJUNAっちの「ふわふわ」ハンバーグがいい(≧▽≦)

っていう場合のレシピも考えてみたわ。

こちらは卵除去のみのレシピになります。

hanb09161

うふっ。見た目もいつものツルピカちゃんよ♡

「【卵なし】牛肉100%ハンバーグ」

【材料】 3人分

牛ひき肉・・・280~300g
ひき肉用塩・・・小さじ1/3
ひき肉用日本酒・・・大さじ2

タマネギ・・・1/2個
タマネギ用水・オリーブオイル・・・各小さじ1/2

しいたけ・・・1枚(うまみを足す意味で隠し味的に加えます)

パン粉・・・カップ1/2強
牛乳・・・大さじ2

★ケチャップ、しょう油・・・各小さじ1/2
★片栗粉・・・小さじ1強
★ナツメグ、黒コショウ・・・適量

蒸すための日本酒・・・30ml

☆水・・・50ml
☆ケチャップ・ソース・・・各大さじ2
バター・・・10g

【作り方】


1.耐熱容器にタマネギをタマネギ用水・オリーブオイルを入れてラップでふんわりと覆い、
600Wの電子レンジで2分30秒ほど加熱したら、バットなどにあけて冷ましておく。

2.パン粉に牛乳を加えてよく和えておく。しいたけはみじん切りにする。
※しいたけは旨味として加えています。味にはほぼ影響がありません。

3.ひき肉にひき肉用、塩を入れて手でよくこねる。粘りがしっかりと出てひき肉同士がつながったら、
1、2、★を加えて、さらによく手でこねる。


han-b5

※ひき肉に日本酒を入れてこねているので、かなりやわらかめのタネに仕上がります。

4.3をハンバーグ状に成形し、冷蔵庫で30分ほど休ませる。

han-b6

※やわらかくてもしっかり成形できるので大丈夫です。

5.フライパンに油(分量外・適量)をひいて強めの中火にかけ、4を焼く。
焼き色がついたらひっくり返し、蒸すための日本酒を入れてふたをし、弱火で12~13分蒸し焼きにする。
焼けたらハンバーグは取り出す。


※タイマーをかけましょう。

6.5のフライパンの汚れ、油などをキッチンペーパーである程度ふき取ったら☆を入れ、
弱めの中火かけてグツグツ煮る。少しトロっとしてきたらバターを加え溶かし、
さらにトロっとさせたらハンバーグにかける。


han-b7



hanb09164

というわけで、ほいっ、こちらも完成~♡

これはねぇ、もう完全JUNAバーグ(≧▽≦)

卵がないので、多少ホロッとした感じはあるけど、

フワフワ感、味ともに、いつもの感じだったわ。


hanb09163

案の定、家族の誰も気が付かずw

「やわらか~い♪」

って言って食べたわよ(笑)


hanb09162


ちなみに一緒にいただいた野菜スープ。

キャベツたっぷり♡




というわけで、

もしも卵アレルギーで、ハンバーグのおいしいレシピがなかなかないという場合がありましたら、

ご活用いただければと思います。

なかなかすべてのアレルギーの方の条件をクリアする料理というのは難しいのですが、

まずはお子さんたちが、

アレルギーがあっても楽しいおいしい食卓を囲めることが
私の強い願いでもあります(^-^)





卵白、豚肉が怪しい私にとっても安心のハンバーグだったわ。。。

おいしいって感じられるのに「安心」ってすごく大事。。。






インスタでも写真をアップしています♪

Instagram

ハッシュタグでブツブツつぶやくのにはまっています。
#junarecipes #junabento #junasweets でカテ分けもしています。




~今月のコッタさんの連載はこちら~
 





ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
  人気ブログランキング  
 
レシピブログ  


製菓製パン、お弁当小物はこちらから




******************